スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

変な人が書いた驚くほどツイてる話

変な人が書いた驚くほどツイてる話
斉藤一人

これはノウハウ本ではなく、生き方指南の本ですね。
ビジネス書というよりは、現代人に向けた哲学書ともいえるかもしれません。

因みに僕は、
「斉藤一人」さん、そしてそのお弟子さんの「永松茂久」さんが大大大好きです。

最近、ビジネス書だけでなく、いろんな本を読んで自分自身の生き方・考え方が
以前と全く変わってきているのを感じているのですが、そのきっかけとなってくれたのが
永松茂久さんの書かれた本なんです。
(話が違う方向にいくので、このことについてはまた別の記事で)

さて本題に入ります。

「困ったことは起こらない」という独自の哲学で知られている斉藤一人さん。
この方は「銀座まるかん」の創業者で、日本の納税王と呼ばれている方です。
要するに、日本で一番多く税金を納めた人ですね。




この本に書かれているのは、そんな億万長者の秘密……なんですが
目から鱗といった類のことが書かれているわけでは決してありません。
そういうノウハウを期待してる方は、別の本をお勧めします。

そういった類のノウハウではなく、本当に当たり前の、
しかしほとんどの人ができていないようなことが、書かれています。

・人の悪い所なんかいくら見つけてもその人に嫌われるだけ。
・立派な事を言うと立派に生きなきゃいけなくなる。そうでなきゃ世間が許さなくなる。
・困ったときは楽しいを判断基準に。ただし楽しいと楽は違う。

など、お金を稼ぐうえだけでなく、生きていくうえで大切なたくさんのこと。
この本を読むと、そういったことが、改めて分かりやすく、すんなりと自分の中に入ってきます。

斉藤一人さんの本はいつもそうです。
自分が普段なんとなく分かっていること、気づきかけているようなことについて、きちんと納得いくように説明してあるんです。だから読んでいて心に染み入るものがあるんでしょうね。

なんとなく日常生活が上手くいかない、人間関係がうまくいかない...etc
とにかく、慢性的に悩みを抱えている人は、一度読んでみることをお勧めします。
因みに僕は、斉藤一人さんの考え方に触れて、まさしく人生観が変わりました。

今すぐこの本に詰まっていた武器(エッセンス)を知りたい方は武器庫へどうぞ!



スポンサーサイト
.07 2013 書評 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://business1205.blog.fc2.com/tb.php/7-7bdace92
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。