スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

ビシッと言っても部下がついてくる

ビシッと言っても部下がついてくる
できる上司の叱り方
嶋田有孝


部下や後輩を叱ることが苦手…という方は実はとても多いのではないでしょうか?

「叱らなきゃいけないのは分かってる、でもそれで嫌われるのが怖い」
「いい人で終わってしまう…どうしても信頼される先輩になれない」
「優しいで通っている自分が今更怒ってもなぁ…」
「後輩のダラダラ感が気になる…でも何も言えない」
「そもそも叱ることが怖いし、叱り方も分からない」

普段、こんな思いをしたことはありませんか?
僕はあります。というより、しょっちゅうです。

でも、はっきり言っておきます。
いい人はダメな上司の代名詞です。

この本を読むまでの自分は、後輩にとって完全にいい人でおわってました。
でも後輩・部下はいい人の言うことを聞くわけではないんです。
いい人=信頼できる先輩(上司)では決してないんです。

ではなぜ皆叱ることができず、いい人になってしまうのでしょうか?
それは叱るということの意味・本質を知らないからです。
だから叱らないこと=優しさだと思ってしまうんです。




多くの方が、先輩として、あるいは上司として、いずれ人の上にたつことになると思います。そうなったとき、いい人で終わらないためにも是非、読んでおいて欲しい一冊です。

最後に本文より、一番心に残ったフレーズを引用させていただきます。

(「友達上司」なんてあり得ない。孤独と苦しみに耐えて「真の上司への道」を選ぶからこそ、将来に向けはばたける。)

今すぐこの本に詰まっていた武器(エッセンス)を知りたい方は武器庫へどうぞ!



スポンサーサイト
.07 2013 書評 comment1 trackback0

ビシッと言っても部下がついてくるできる上司の叱り方

ビシッと言っても部下がついてくる
できる上司の叱り方
嶋田有孝

※ここで掲載しているエッセンス(武器)はあくまで一部分です。
詳細は購入してお楽しみください。




 相手が間違っているとき、それを見逃さず指摘し、強制してあげることが真のやさしさ
 やさしさを隠れ蓑にすることは愚の骨頂
 部下を叱れない上司は自己中心的な上司、部下に優しいのではなく自分にやさしいだけ
 ほめること=ポジティブなフィードバック/叱ること=ネガティブなフィードバック(部下に対する改善提案)→ゴールは同じ「部下を成長させること」
 褒めることと叱ることはコインの裏表みたいなもの。。
 良いことをすれば褒めて定着させる。悪いことをしたら、叱って禁止する。こうしてチームにルールを浸透させる。
 褒めるばかりだと部下は緊張感を失い、歪に成長する。
 誰からも注意されない部下は、かえって傷つく
 叱れないのは部下よりも自分の方がかわいいから。
 「嫌われても構わない。それが相手のためだ」
こう確信しているからこそ叱れる。
 自分のことは棚に上げよう。「自分もできてないくせに…」と思われても良い。叱ることの本質、できてない部分を気づかせることはできる。
 部下を叱ることで自分も行動を改め成長できる
 上司の役割は部下とは違う。たがらぶつかることを恐れるな
 上司への第一歩は「部下に好かれなくても良い」「部下に嫌われても良い」という覚悟。
 立場が人を作る。しかしこれは役職について、その苦しみに耐えて努力を続ける人にだけ言えること
 「自分には向いていない」「力不足だ」等と考える必要は無い。
 「叱る」と「怒る」は違う。
 怒っても何も解決しない。責められていると感じると部下は本能的に自分を守ろうとして、話を聞かなくなる。
 まずは黙って事実の確認
 叱るときはウルトラマン
 叱る対象は1度に1つが大原則
 過去と現在を比較し、部下の変化=成長に気づくための視点が何より大切。
 部下を叱るためには必ず基準が必要。目指すべき姿が具体的に理解されていなければ部下が変わることは無い。
 部下の謝罪はゴールではない。
 叱るときは結果ではなくプロセスにメスを入れること。
 やっていることとできていることは違う。
 反抗する部下に対しては、まずその存在を認め、前向きに評価し、話を聞いてあげることも必要
 ミスを憎んで部下を憎まず。主語は行為にして、「あなたは」「君は」を主語にすることは避けること
 他人との比較はNG。比較する対象は常に、あるべき姿と現状
 責めるより質問
 部下との間に以心伝心は無い。
 失敗の報告は叱るな
 他人を動かすことはできないと自覚せよ
 部下は「好きな人」「仲の良い人」の言うことを聞くわけではない。それは指導できることとは全く異質の人間関係である。
 観る(観察)→診る(比較)→看る(叱って治す)。3段階の見るを意識して部下と接する。
 割れ窓理論
(小さなルール違反でも見逃すと、これぐらいなら…という空気が蔓延し、組織がどんどん乱れていく)例、例え1分でも遅刻は禁止
 些細なことは見逃しがちだからこそ、些細なことにこだわる
 大きな失敗は励まし、小さな失敗こそ厳しく叱る
 嫌われ役を演じてでもルールを定着させる
 上司の指示通り動く部下は3割、3割打者の部下なら上出来
 1度や2度叱って変わると思うな。
 減点主義(これが駄目、あれがダメetc)の叱り方では駄目。加点主義(ここを直せばもっと良くなる。この部分を改善すれば完璧etc)の叱り方をすること
 現在から過去を見る叱り方=責任追求型……NG
 現在から未来を見る叱り方=問題解決型……OK
 あの人は怖いと思われて上司は1人前。
 きちんとした軸を持ち、ぶれることがないことが上司としての怖さ
 上司が寛大になり、部下を甘やかすと、組織が乱れ、誰も上司の言うことを聞かなくなってしまう。。
 叱るときは、テクニックよりも愛情の有無のほうがはるかに大切。
 思いこみを排除し、相手を正しく理解してから、叱ること。
 部下によって、叱る・叱らないを変えたりしていると部下の信頼は得られない。
 部下の成長のために恥じさらせ。失敗談は積極的に語ると良い。
 叱るときは人のせいにしないこと。
 叱った後のフォローが大事。
 フォローとは慰めることではない。
 役職に就くということは一定の荷物を背負うこと。
 叱るときは「叱る前に褒める」こと。原則としてまず褒める。




.07 2013 武器庫(エッセンス抽出) comment0 trackback0

変な人が書いた驚くほどツイてる話

変な人が書いた驚くほどツイてる話
斉藤一人

これはノウハウ本ではなく、生き方指南の本ですね。
ビジネス書というよりは、現代人に向けた哲学書ともいえるかもしれません。

因みに僕は、
「斉藤一人」さん、そしてそのお弟子さんの「永松茂久」さんが大大大好きです。

最近、ビジネス書だけでなく、いろんな本を読んで自分自身の生き方・考え方が
以前と全く変わってきているのを感じているのですが、そのきっかけとなってくれたのが
永松茂久さんの書かれた本なんです。
(話が違う方向にいくので、このことについてはまた別の記事で)

さて本題に入ります。

「困ったことは起こらない」という独自の哲学で知られている斉藤一人さん。
この方は「銀座まるかん」の創業者で、日本の納税王と呼ばれている方です。
要するに、日本で一番多く税金を納めた人ですね。




この本に書かれているのは、そんな億万長者の秘密……なんですが
目から鱗といった類のことが書かれているわけでは決してありません。
そういうノウハウを期待してる方は、別の本をお勧めします。

そういった類のノウハウではなく、本当に当たり前の、
しかしほとんどの人ができていないようなことが、書かれています。

・人の悪い所なんかいくら見つけてもその人に嫌われるだけ。
・立派な事を言うと立派に生きなきゃいけなくなる。そうでなきゃ世間が許さなくなる。
・困ったときは楽しいを判断基準に。ただし楽しいと楽は違う。

など、お金を稼ぐうえだけでなく、生きていくうえで大切なたくさんのこと。
この本を読むと、そういったことが、改めて分かりやすく、すんなりと自分の中に入ってきます。

斉藤一人さんの本はいつもそうです。
自分が普段なんとなく分かっていること、気づきかけているようなことについて、きちんと納得いくように説明してあるんです。だから読んでいて心に染み入るものがあるんでしょうね。

なんとなく日常生活が上手くいかない、人間関係がうまくいかない...etc
とにかく、慢性的に悩みを抱えている人は、一度読んでみることをお勧めします。
因みに僕は、斉藤一人さんの考え方に触れて、まさしく人生観が変わりました。

今すぐこの本に詰まっていた武器(エッセンス)を知りたい方は武器庫へどうぞ!



.07 2013 書評 comment0 trackback0

変な人が書いた驚くほどツイてる話

変な人が書いた驚くほどツイてる話
斉藤一人

※ここで掲載しているエッセンス(武器)はあくまで一部分です。
詳細は購入してお楽しみください。





 「ツイてる」と言うと実際についてることが起きてしまう
 世の中はシンプル。あなたがそれを難しくしているだけ。
 人生には、必要が無いことは何一つ起きないし、解決できない問題も起こらないようになっている。
 「どちらが正しいか」より、「どちらが楽しいか」を判断基準に。楽しい方が成功への道。
 ケンカが起きるのは「どちらが正しいか」を主張し合っているから。楽しいを判断基準にすれば、「俺も楽しい、あんたも楽しい、良かったね」で終わり。
 どうもうまくいかないな、と思うときは、楽しい方を選んでいないとき。正しいことを突き詰めてしまっているとき。
 どっちが楽しいかを見極めることは、楽なほうを探すことではない。楽を選択すると苦労を味わう。
 楽しいを極めていくと、楽になる。
 問題は伝える内容ではない。どう表現すると人はいい気分になれるのか、どんな言葉づかいをすると、思いやりの心を伝えることができるのか。
 プロの覚悟「私はプロですから、こんなことは当たり前です」といえるようになれ。
 50のところに70の覚悟で向かうこと。
 人間は楽しいところへは、どこへだって行く。だから楽しませるプロになる。
 弱くてもいい、そのままの自分を信じて、ただ「自分はツイてるんだ」と言い続け、自分がなすべきことを一生懸命やる。
 「そうだよね、分かるよ」。まずこれを言う。
 世の中にはずいぶん自分と違う意見を言う人がいるが、「違う」といってはいけない。
 「そうだよね、分かるよ」を口癖にする。この言葉でまず相手を受け入れる。
 話し相手がいないときも「そうだよね、分かるよ」とシャドーボクシングのように繰り返す。
 犯罪者ですら、悪い事をしたとは思っていない。罪を犯していない普通の人であればなおさら。
 人の言うことを気にしていても仕方がない。褒められる人生よりも褒める人生。
 褒められようと思うと人生大変になる。
 立派な事を言うと立派に生きなきゃいけなくなる。立派に生きるのは大変。でもそうでなきゃ世間が許さなくなる。
 愚痴なんていくら言っても生活は良くならない。
 人の幸せを願うようになると、心が豊かになり、人相も変わってくる。
 人にいいことがあったときに「良かったね」と言える訓練が必要。
 人の悪い所なんかいくら見つけてもその人に嫌われるだけ。
 どうやったら人を褒められるかなと探している方が大変…だけど楽しい。
 心配するより信じること。「あんたのことを信じているよ」。心配とは「信じられない」ということ
 なんでもできるわけではない。でもたいていのことはできる。
 世の中には「いい」と言っても駄目な事がある。だから難しい。
 人間が必ずやらなければならないことが二つある。
・1つ目は、知っていることをもったいつけずに教えること。
・2つ目は、知らないことを素直に聞けること
 苦しいときは人に聞く。苦しみから逃れられる方法を知っている人が必ずいる。知らないことは、恥ずかしいことではない。
 気にいった本は7回読むか、聞くかすること。6回では駄目。すると必要な事が必要なときに自然とできるようになっている。ラッキーセブンは本当に魔法の数字。

.07 2013 武器庫(エッセンス抽出) comment0 trackback0

すぐやる化習慣術

すぐやる化 習慣術
夏川賀央


なんでもかんでも後回しにしてしまう、
締め切りぎりぎりまで手をつけられない
そして最終的には一夜漬け…etc

自分自身のこんな悪い癖を直したくて購入した本!!!
…なのですが、実際に読んでみると、そのような主旨の本ではございませんでした笑

しかし、そんなことはお構いなしに、これはビジネス書愛読者必見の本です。
実際に僕も、買った目的は違えど、間違えて買ってよかった(笑)…とひしひしと感じております。
ビジネス書を読む、セミナーに通う等々、何か自身のレベルをあげようと
行動されている方は、まず最初にこの本を読むべきかもしれません。



近年、ビジネス書が大流行しています。
本屋に行けば、どこの本屋にも大抵は流行のビジネス書が平積みされていますね
しかし、そうやって本を読んでもなかなか能力が上がってこない…という方も
いらっしゃるのではないでしょうか?


この本を読めばその理由が分かります。
7つのスイッチを踏まえた「すぐやる化」の心構え。
少なくとも、その内容を踏まえた上でビジネス書を読んでいくのか、
あるいは、ただ読んでいくのかで、読書効果が段違いであることは間違いありません。

自身の能力を効率的に挙げたいビジネスパーソンは、まず
ここで紹介した「すぐやる化習慣術」、
そして今後紹介する予定の「レバレッジ・リーディング」
を読むことをお勧めします。


今すぐこの本に詰まっていた武器(エッセンス)を知りたい方は武器庫へどうぞ!
.06 2013 書評 comment1 trackback0
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。